こっそり教えちゃいます、2017年度大阪・京都の飲食店開業融資の実感


6607fc52b5c9e4d33fa7d96d3eb333_m

京都・大阪の飲食店開業融資となると、
基本的には日本政策金融公庫を利用することになりますが、
毎年、融資感覚が同じわけではありません。
完全に私の主観的な感覚になりますが、
2017年度日本政策金融公庫
京都・大阪飲食店開業融資の実感をこっそり教えちゃいます。

 

1.2017年度の日本政策金融公庫の動向

日本政策金融公庫によると、2016年度の創業融資実績は前年度比107%であり、
これは平成20年の日本公庫発足以降、過去最高の実績
特に女性や若者の実績が増加しているようです。

2017年度はこの状況を踏まえてか、
後述しますが、若年者の対象年齢の大幅な引き上げ等、
女性や若年者の飲食店開業融資に関して、
実際、積極的に取り扱っていただいています。
結果、2017年度の創業融資実績は
2016年度より更に伸びていくのではないかと考えております。

 

2.大阪の融資感覚2017年度

従来より大阪の飲食店開業融資は
比較的弾力的な感覚があります。
2017年度の大阪の飲食店開業融資も変わらず、
その弾力性は現状維持といったところでしょうか。
融資の審査スピードは若干ですが早くなっている気がします。

 

3.京都の融資感覚2017年度

2017年度の京都の飲食店開業融資は、
2016年度以前と比較して、より弾力的になっているような気がします。
融資が出やすいor出にくいという単純な話ではないですが、
ある程度まとまり易いのかなとは感じます。
年度ごとに感覚が変わりますので、
そろそろ開業かなーという方にとって、
いったん2018年3月までは追い風だと思います。

 

4.女性&若者はお得!2017年4月変更の有利な融資制度

「新創業融資制度」には「女性、若者起業家支援資金」という制度があります。
これは、条件に該当すれば特別利率(低利率)で融資を受けることができる制度です。
以前までは女性又は30歳未満の男性を対象としていましたが、
2017年4月より年齢制限が35歳未満に引き上げられました。
この引き上げで該当者がぐっと増えたのではないかと思います。
このまましばらく35歳未満ですっと続いていくのか?
もしくは2018年4月にはまた変更になるのか?
この点は分かりませんが、
女性又は35歳未満の方にとっては非常に有利な状況にあると言えるでしょう。

 

5.まとめ

2017年度の日本政策金融公庫の創業融資実績は、
更に伸びていくものと考えられます。
2017年度の大阪の飲食店開業融資
昨年までと変わらず、その弾力性は現状維持
審査スピードは若干早くなっている感覚があります。
2017年度の京都の飲食店開業融資は、
2016年度以前と比較して、より弾力的になっている感覚があります。
開業予定者にとって、いったん2018年3月までは追い風だと思います。
また、2017年4月より、特別利率(低利率)で融資を受けることができる
「女性、若者起業家支援資金」の年齢制限が30際未満から35歳未満に引き上げられました。
現状、女性又は35歳未満の方にとっては非常に有利な状況にあると言えるでしょう。

お問い合わせはこちら

サロン・飲食店創業支援センター


  • 京都 OFFICE
    〒604-8213 京都府京都市中京区姥柳町
    203 パラドール烏丸ビル5F
  • 大阪 OFFICE
    〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
    11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F
  • 埼玉 OFFICE
    〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町
    3-22-3 オリオンビル5F
Copyright © sougyo-support AllRight reserved.