サロン・美容室の開業時スタートダッシュ!


bfa0b43cc870487d7b77c3f25669ba_m

どんな方でもサロン・美容室を開業したら、
その瞬間からからどんどんお客様に来てほしいと思うのは当然のことです。
サロン・美容室開業時にスタートダッシュを決めるものとは何なのか?
少し踏み込んだお話をさせていただきます。

 

1.美容室開業時のスタートダッシュを決めるものは何か?

それはずばり、
「前勤務時のお客様」が開業後にご自身の美容室にお越しいただけるかどうかです。
新規のお客様を獲得し、定着させていくことがいかに大変なことか
という点はスタイリストとしてご勤務されている間に感じておられると思います。
この既存のお客様を見込めるかどうかでスタートは大きく異なってきます。

 

2.カルテの重さを認識しましょう

サロン・美容室には多数のカルテがあります。
じゃあこのカルテを持っていけば良いじゃん!って
それは完全にNGです。
カルテに記載されている内容を思い返してください。
住所・職業・家族構成など個人情報がたっぷり詰まっています。
ここまでの個人情報を取得できるのは美容室か病院くらいでしょう。
これはれっきとした個人情報ですので、その情報を許可なく利用することはNGです。

 

3.ポイントは退職前

開業後スタートダッシュを決め、お店を幸先良く始めるためには
退職後ではなく、美容師として勤務しているときからじっくり準備をする必要があります。
具体的には、前美容室勤務中に、勤務している美容室のオーナーととにかくじっくり話し合うことです。
①退職の時期②開業前に担当しているお客様に案内をしても良いかどうかについて
時間をかけて話し合ってください。
もし担当のお客様に対する案内を許可してもらえるのならば、退職の時期が多少伸びたとしても受け入れましょう。
早く退職して早く開業しても、お客様がいなければ広告宣伝に投資するばかり…といった事態になります。

 

4.交渉が上手くいかない場合

強引に事を進めるのはNGです。
美容室開業時にたまに見かけるケースですが、
開業後に余計な争いを生むことで、開業後というとっても重要なとき
経営者の大切な時間が失われることのダメージは大きいです。
例えば、来店されるお客様にご自身の美容室の開業を知らせるのではなく、
個人として少しづつFacebookで繋がっていくなどの手段が考えられます。
ただし、お店によっては個人的な接触を禁止しているところもありますので、
それぞれの勤務美容室の就業規則を必ず確認するようにしましょう。

 

5.まとめ

サロン・美容室の開業時スタートダッシュを決定するのは、
前美容室勤務時のお客様がご自身のサロン・美容室にお越しいただけるかどうかです。
ただし、個人情報満載のカルテを持ち出すのはアウトです。
退職前に勤務している美容室のオーナーと
①退職の時期②開業前に担当しているお客様に案内をしても良いか
についてじっくり話し合ってください。
この点をクリアできれば、かなりのアドバンテージが得られますので、
根気よく交渉をしましょう。

お問い合わせはこちら

サロン・飲食店創業支援センター


  • 京都 OFFICE
    〒604-8213 京都府京都市中京区姥柳町
    203 パラドール烏丸ビル5F
  • 大阪 OFFICE
    〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
    11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F
  • 埼玉 OFFICE
    〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町
    3-22-3 オリオンビル5F
Copyright © sougyo-support AllRight reserved.