大阪・京都での飲食店開業融資、結局いくら借りられるの?


5ebf86413860065ab4cacde844dcc1b8_m

大阪・京都で飲食店の開業を志している方々に
初見でよく聞かれるのが、結局いくら借りられるか?です。
定番融資の現実的な融資額と、融資額を増やすためにどうすればいいのか?
をお伝えさせていただきます。

 

1.大阪・京都での飲食店開業融資の定番

大阪・京都で飲食店を開業する際の借入としての定番
やはり日本政策金融公庫の「新創業融資制度」でしょう。
大阪・京都での飲食店開業融資で、
「新創業融資制度」を利用する場合、その融資限度額は1,000万円です。

 

2.大阪・京都での新創業融資制度の現実上限

一口に「新創業融資制度」と言っても、
その実際の感覚は各県で少し異なってきます。
大阪・京都での飲食店開業時「新創業融資制度」を
自分で申請する場合の現実的な上限額
一般的に600万円~800万円といったところでしょう。
もちろんそれ以上~1,000万円も理論上は可能ですが、
かなりキツめの条件をクリアしていく必要があります。

 

3.借入額を増やすには?選択肢①

大阪・京都の飲食店開業で、
なんとか開業融資金額を1,000万円以上確保したい!
という場合は「中小企業経営力強化資金」での融資をお勧めします。
「中小企業経営力強化資金」の融資限度額は2,000万円です。
なぜ融資限度額が増えるのかというと
「中小企業経営力強化資金」を利用する場合には、
経済産業省の経営革新等支援機関の認定を受けている税理士や会計士、金融機関等の
支援が必要になるためです。
要するに、経営革新等支援機関の認定を受けている税理士や会計士、
金融機関等が紹介者としてその信用を担保するというわけです。

 

4.借入額を増やすには?選択肢②

選択肢の2つめは協調融資制度を利用するというパターンです。

協調融資制度とは、2つ以上の金融機関が足並みを揃えて同時に融資するといった形のものです。
超簡単に言いますと、
知人に「1万円貸してくれ」と言うより「5,000円ずつ貸してくれ」という方が
借りやすいですよねということです。
京都の協調融資制度ですと、
京都信用金庫の『公庫(ここ)から、はじまる』、
京都中央信用金庫の『スタートダッシュ・ツイン』
大阪の協調融資制度ですと、
近畿大阪銀行の『創業支援ファンド「トライG」』
大阪シティ信用金庫の『新規創業支援融資「スタート」』
あたりが定番といったところでしょうか。

 

4.経営力強化資金&協調融資制度の実例

とはいえどれくらい融資可能なのか?ということで

少しだけ実例を紹介します。

①自己資金150万円、融資額800万円
②自己資金250万円、融資額1,200万円
③自己資金400万円、融資額1,500万円

ただし、各種条件により変動する点ですので、
ひとつの目安としてお考え下さい。

 

5.まとめ

大阪・京都で飲食店を開業する際の借入としての定番日本政策金融公庫の「新創業融資制度」ですが、

大阪・京都での飲食店開業融資で、「新創業融資制度」を利用する場合、その融資限度額は1,000万円です。
「新創業融資制度」を自分で申請する場合の現実的な上限額
一般的に600万円~800万円といったところです。
それ以上の融資額を見込む場合は、
「中小企業経営力強化資金」or協調融資制度の利用となります。
当然、開業資金は多いに越したことはありませんので、
2つの制度を有利にお使いください!

お問い合わせはこちら

サロン・飲食店創業支援センター


  • 京都 OFFICE
    〒604-8213 京都府京都市中京区姥柳町
    203 パラドール烏丸ビル5F
  • 大阪 OFFICE
    〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
    11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F
  • 埼玉 OFFICE
    〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町
    3-22-3 オリオンビル5F
Copyright © sougyo-support AllRight reserved.