攻略!小規模事業者持続化補助金 其の1


6cd0862d25becc58c369529bb463407e_m

販路拡大に使い勝手の良い補助金「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されました!

第1回(全3回)はこの補助金の概要とそれぞれのポイントをお伝えします!

 

1.補助金の概要

小規模事業者の広告宣伝等の販路拡大に係る経費の一部を補助してもらえる補助金です。
ホームページやチラシなどにも使用できる非常に使い勝手の良い補助金です。
ただし、全員が採択されるわけではありません。
採択率は約30%と言われていますが、感覚的にはもう少し低いかなと思います。
専門家に依頼しなくても十分ご自身で対応できるものですし、
むしろその方が書面に熱意が入りやすいのではないかと思います。
◆申請期間:平成28年11月4日~平成29年1月27日

◆採択結果の発表:平成29年3月中旬予定

◆対象者:全国の小規模事業者

 

⇒ポイント① 小規模事業者とは?

美容室の場合は、常時使用している従業員の数が5名以下
飲食店の場合も、常時使用している従業員の数が5名以下であることが要件となります。

・卸売業・小売業
常時使用する従業員の数  5人以下

・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)
常時使用する従業員の数  5人以下

・サービス業のうち宿泊業・娯楽業
常時使用する従業員の数 20人以下

・製造業その他
常時使用する従業員の数 20人以下

 

2.補助金額

◆補助率:補助対象経費の3分の2以内

◆補助上限額:50万円(各取組により上限額は上がる場合があります。)

 

⇒ポイント②結局いくら補助してもらえる?
一般的な補助上限額50万円です。
補助金額は補助対象経費の3分の2となりますので、
例えば、60万円の補助対象経費を使用した場合は、補助金額は40万円となります。
75万円の補助対象経費を使用した場合は、補助金額は50万円となりますし、
100万円の補助対象経費を使用した場合も補助金額は50万円となります。
ただし、定められている各取り組みを行っている場合は補助上限が上がります。

 

⇒ポイント③補助金はすぐにはもらえない!
全ての補助金に言えることですが、
補助金は先にお金の支出が必要となります。
例えばHPを作ろう!という場合、
採択された後に、作成にかかり、ご自身のお金で支払を済ませた後に、
補助事業が完了したよーという通知を出します。
その後数か月後に補助金が支給されるという形になっています。
ですので、補助金は採択後すぐにもらえるものではなく
必ず自分のお金で支払った後に、もらえるものであるということを理解しておきましょう。

 

3.補助金の対象となる経費

補助対象経費の一例

・ホームページ等の作成
・新たな販促用チラシの作成、送付
・マスコミ媒体での広告
・ネット販売システムの構築
・新たな販促用チラシのポスティング
・新たな販促品の調達、配布
・新たな販促用PR
・販促用のセミナー開催費

 

⇒ポイント④チラシ等作成する場合の注意点
チラシ等の実体物は作成するだけではダメです。
例えば、500部作成した場合は補助事業遂行期間中に配布した分だけが対象となりますので
ご注意ください。

 

⇒ポイント⑤収益納付
本補助金には収益納付という制度があります。
PRした結果、収益が上がった場合はその一部を納付(返して)くださいねーというワケです。
単純なHPなどの作成であれば、収益との因果関係が分かりにくいので、収益納付の可能性は低いですが、
商品販売サイトなどのECサイトを構築したような場合は、そこからいくらの収益がもたらされたか
一目瞭然ですので、収益納付の可能性が高くなります。

 

4.申請の流れ

①経営計画書・補助事業計画書を作成する。
こちらでフォーマット入手できます。

http://h28.jizokukahojokin.info/ippan/

 

②最寄りの商工会議所へ書類を持っていく。
※商工会議所の会員でなくても大丈夫です。

 

③商工会議所が発行する事業支援計画書をもらう。

 

④日本商工会議所へ申請書類一式を送付する。

 

———————————————————————————————–

ここまでが申請作業です。ここまでを平成29年1月27日までに完了する必要があります。

———————————————————————————————–

 

⑤採択結果発表

 

———————————————————————————————–

採択された場合は、実際に補助事業を行っていきます。

例えば、HPを作成したり実際に動き始めるのはこのタイミングです。

———————————————————————————————–

 

⑥補助事業実施期間(約3~4カ月程度)

 

⑦完了報告

 

⑧補助金の入金

 

 

 

 

第2回第3回は、より具体的に、

申請書類の書き方のポイントをお伝えします!

 

攻略!小規模事業者持続化補助金 其の2(https://goo.gl/0I8XUc)

攻略!小規模事業者持続化補助金 其の3(https://goo.gl/KLjGPH)

 

本補助金の公募要領等詳細は以下をご確認ください。

http://h28.jizokukahojokin.info/ippan/

 

お問い合わせはこちら

サロン・飲食店創業支援センター


  • 京都 OFFICE
    〒604-8213 京都府京都市中京区姥柳町
    203 パラドール烏丸ビル5F
  • 大阪 OFFICE
    〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
    11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F
  • 埼玉 OFFICE
    〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町
    3-22-3 オリオンビル5F
Copyright © sougyo-support AllRight reserved.