美容室・飲食店の創業融資・開業資金調達なら関西トータルサポートNo.1 対応地域:京都・大阪・滋賀・香川

美容室・飲食店 創業支援センター

左スラッシュ

開業を確実に成功させたい方へ!
お気軽にご相談ください!

右スラッシュ

受付時間9:00〜18:00

完全成功報酬型なのでリスクは0%!

サロン・美容室の開業、一体いくら資金が必要?

15

サロン・美容室の開業に向けて資金を貯めていこう!
とは言っても、結局いくら貯めればいいのか?
そもそも「自己資金」って一体なんなのか?
結局、なぜ、何に、いくらお金が必要で、いくら貯金すればいいのか?
ケースバイケースと言えばそれまでですので、
一般的・平均的な目安をご紹介します。

 

1.「自己資金」って結局なに?

「自己資金」とは融資や借入を受ける際に最低限必要なお金、つまり元手のことを言います。
ただし、サロン・美容室で開業時に借入・融資を受ける場合、「自己資金」は「自分で貯めたことが証明できるお金」と「それ以外のお金」に区別して考えましょう。
「自分で貯めたことが証明できるお金」とは、その名の通り、預金通帳などで貯めてきたことが見えるお金です。
これにあたらないもの(ご家族からの出資や現金など)が「それ以外のお金」となります。
この両者の合計が「自己資金」です。
つまり…
「自分で貯めたことが証明できるお金」+「それ以外のお金」=「自己資金」
です。

 

2.なぜ区別して考えるのか?

通常、融資や借入は事業の実績等が判断材料となります。
しかし、サロン・美容室で開業時に融資を受けられる場合は、当然ですが事業の実績がありません。
では金融機関はどこを見て判断するのか?
その1つが開業予定のみなさんの熱意と意欲です。
お金を貸す側に立って考えてみてください。
自己資金300万円ありますが、全て家族からの出資ですという方と
自分で一生懸命貯めたお金が200万円ありますという方
どちらに貸したいでしょうか?熱意を感じるのはどちらでしょうか?
「自己資金」は多ければそれで良い!というものではなく、
そのお金の準備の仕方も非常に重要なのです。

 

3.サロン・美容室の開業にはそれぞれいくら必要?

サロン・美容室を開業しようという場合、平均的に見て総額で最低900万円~1,500万円くらいの資金が必要になります。
これは、不動産の取得にかかるお金から、内装費、設備機械、運転資金までその全てを含めた金額です。
そこから考えると、「自分で貯めたことが証明できるお金」が最低250万円
そこに「それ以外のお金」を加えて「自己資金」として合計300万円程度は必要になります。
その300万円の「自己資金」をもとに融資を受けるといった形になります。
これはあくまでも必要最低額の目安ですので、それ以下では融資が受けれらないということではありませんし、
それ以上あればあるだけ良いです。
結局現状でいくらぐらい借りられるの?という方は
「24時間以内!開業融資診断」をご利用ください。

 

4.まとめ

サロン・美容室で開業しようという場合の平均的な必要資金総額は900万円~1,500万円です。
そのため「自分で貯めたことが証明できるお金」が最低250万円
これに「それ以外のお金」を加えて最低300万円
これを元手に借入・融資を受けることになります。
まずはご自分で最低250万円の貯金を目指しましょう!
あくまでも必要最低額の目安ですので、こんな場合はどうかな?という方は
個別にご相談ください。

一覧に戻る
電話バナー
個人情報の取扱い
フッターロゴ

京都オフィス

〒604-8155 京都府京都市中京区占出町
308ヤマチュウビル3F

大阪 オフィス

〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目
11-4-1000 大阪駅前第四ビル10F

香川 オフィス

〒760-0023 香川県高松市寿町
2-2-10 高松寿町プライムビル4F